前回、「婚活は辛い!辛すぎてハゲそう」という記事でも書きました通り、ま~、婚活はツライんです!

この辛さを乗り切るためには・・・

心の「いやし」が必要です。「いやし」なくして、婚活戦線を乗り切るのは難しいと思います。
 

実は、上記の「婚活は辛い!辛すぎてハゲそう」の記事のときにも、

僕には、心のいやしがあったのです。

もしその「いやし」がなければ、すでに僕の頭皮はハゲていたかもしれません。

 

では、その「いやし」とは、なんだったのかと言うと・・・

 

安定してLINEの返信をくれていた「ムーさん」でした。

(ムーさんについては、ペアーズで初めて女性と会うことに!写真と同じ女性がくるのか?wの記事をご参照ください)

ムーさんが、毎日きっちりLINEの返信をくれていたのです。自分がツライ時は、誰かが連絡くれるだけで嬉しかったりするものですよね?

 

とか言いつつ、ムーさんそっちのけでお見合いパーティーかよ?最低なやつだな。

 
という声があるかもしれませんが、もちろんムーさんとも婚活としてやりとりしていました。

ただ、婚活では複数の異性を同時に攻めていかなくては、相手が決まらぬまま時間が経過して年齢が上がってしまうリスクがあるので仕方ないんです!(正当化)

ムーさんと2回目のデートへ

ムーさんとは、正直、会話が盛り上がらないわけでもないものの、

容赦なく意見を言ってくることが多めなので、あまりお付き合いしたいタイプの女性ではないんですよね。
 

ですけど、心のいやしになってくれていたし、

「もう一度会えば、好きになるかもしれない!」

と思って、会う約束をとりつけました。

ムーさんとのデート当日

そして、ムーさんとの2回目のデート当日。

待ち合わせ場所に行くと、また、遠くからムーさんが手を振ってくれていますw

 




 

 

う~む。

ムーさんは、別にブスじゃないんです。ただ失礼ながら、自分の好みではありません。
 

ムーさんと合流して、軽くショッピングに。

そのあと、ムーさんが好きだという「焼肉」のお店へ。

焼肉のお店にて・・・

メニューを見て、肉を注文しようとしたところ・・・

 

注文を取りにきたお店の女の子が、めちゃくちゃカワイイ!!

石原さとみに似てる・・・

明治 果汁グミ 石原さとみ クリアファイル【非売品】

どうよ?どうよ?果汁グミになりたくなった?

 

マジで失礼な話なのですが、こういう状況になると「やっぱり、かわいい子と付き合いたいな~」って思っちゃうんですよね。

自分の中に「妥協してる」って感覚があるから、こういう気持ちが出やすいんでしょうね。

なんか、お店の女の子がカワイイと、こういうトラップがありますよね・・・

焼肉を食べながらムーさんとの会話

これから一生、3種類の飲み物しか飲めないとしたら、どんな飲み物を選びますか?
 

という質問をされたので、

え~と・・・
水、コーラ、バナナ・オレ
かな?
 

と言ったら、

 

そこでバナナ・オレなんて選びますか?
ブフゥゥゥwwwwwww
 

 
と、容赦なく笑われるw

 

いいじゃないですか!バナナ・オレすごくうまいですよ!
 
じゃあ、ムーさんは、一生3種類しか飲み物が飲めないとしたら何を選びますか?
 
えーと、わたしは、
コーヒー、ウーロン茶
あと、甘いものが欲しいから・・・
 

 

 

カフェ・ラテ!
 

 

全部カフェイン飲料じゃねーかw

 

え?全部カフェイン入ってますよ?
トイレに行きたくなりまくる人生ですねw
 
え~wそうか。
じゃあ、ジンジャーエールかな~。
 

 
こんな風にして、時間はすぎていきました。

ムーさんとお別れ

食事をして、駅でムーさんとお別れしました。

夜の駅の改札

お礼のLINEを送った後、ムーさんからもお礼のLINEが来ました。

それ以降、こちらから連絡とらなかったところ、あちらからも何も連絡がくることもなく終わりました。

やっぱりどこかでスイッチを入れないことには、お互いに恋愛モードに入るわけもなく、まーそうなるよね~。
 

婚活アタッカー ムー大陸編 完

婚活には妥協が必要か?

婚活って、ある程度「妥協」も必要だとは思うんですよ。

僕だって欲を言えば、

  • 石原さとみ似
  • 性格がよい
  • 趣味や話が合う
  • 家が金持ち
  • おっぱいが大k

 
こういった要素を全部みたした女性と結婚したいですよ?

明治 果汁グミ 石原さとみ クリアファイル【非売品】

 
ですけど、それは確率的にかなりキビシイ。

少なくとも僕の場合は、やっぱり、どこかで妥協しなければいけないと考えています。

「イケメン・高身長・高収入」だったら、そんなに妥協はしなくてもいいんでしょうけどね~。

僕の場合は、見た目を妥協しますが、妥協しすぎない

自分の場合、「趣味や性格が合う」ことは絶対に譲れないんですよね。

となると、「見た目」を妥協することになるわけですが、だからといって妥協しすぎてもキツイw

だから僕は「見た目を妥協する」と言っても、ギリギリでも許容範囲内に入るルックスの女性の中から、性格の合う方を探しています。

妥協するなら、何をどの程度「妥協」するのか決めておかないとドロ沼にハマる

「見た目を妥協する」というのは、あくまで僕のスタンスなので、何をどれくらい妥協するかは、人それぞれ決めればいいことです。

妥協なんて一切せずに婚活をつき進めるのも自由です。
 

ただ、妥協するのであれば、

  • 何をどのくらい妥協するのか?
  • これだけは妥協できない部分は何なのか?

このあたりはキッチリと明確にしておくことをオススメします。
 

じゃないと、見た目に惑わされてドロ沼にハマります。
 

下着姿のセクシーな女性

 

お見合いパーティーでも、

「話してみてあんまり楽しくないけど、カワイイからとりあえずカップルになっておくか・・・グヘヘ」

みたいな形でカップルになると、まー長続きしないです。
 

ペアーズなどでも、

「メッセージしててまるで楽しくないけど、カワイイからとりあえず会ってみるか・・・グヘヘ」

といった具合に会ってみても、やっぱり実際会ってみても楽しくないです。
 

にも関わらず、懲りずにまた見た目重視で相手を選んでしまうんですよねw

まさに「ドロ沼」です。
 
だからこそ、何が譲れなくて、何を妥協できるのか。ここは強くと意識して婚活していきたいものです。

 

 

下着姿のセクシーな豚

いやいや・・・顔のバランスがおかしいでしょ!大きすぎる。

 




 

顔の中のバランスの話じゃねーよ!